タクシーの求人(転職)情報ならココがおすすめ!タクシー専門求人サイトを徹底比較しランキングでご紹介!

ペーパードライバーでもタクシー運転手になれる?会社のサポート体制は?

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/08

タクシー乗務員として働いてみたいけれど、ペーパードライバーだから無理ではないかと思う人もいるでしょう。求人にはどのように記載されているのでしょうか。たとえ応募して採用されたとしても苦労が多いのではないかと懸念する人もいるかもしれません。そのような人のためのサポート体制は整っているのかも確認しておきましょう。

求人ではどのように記載されているのが一般的か

タクシードライバーの求人では初心者や未経験者を歓迎しているケースが多く、年齢を重ねてしまった後であったとしても転職して働くことができる魅力があります。応募条件として普通免許を取得していることが求められているのが一般的ですが、運転経験の豊富さについては特に言及されていません。

求人に記載されている条件だけを見ると、まだ初心者マークが付いている人でも、運転免許を取得してから一度も運転したことがないペーパードライバーでも問題ないことがわかります。求人の中にはペーパードライバー歓迎と明記されているものすらあるので、基本的に運転できるかわからないという心配がある人でも採用してもらえる可能性は十分にあるでしょう。

ただし、面接の時点である程度の運転経験があるかを聞かれる可能性があります。その際に正直に答えてもなお採用してくれる会社でないと入社後のサポートが充実していないリスクがあるので注意しましょう。

サポート体制について知っておこう

運転免許を持っているだけでハンドルを握っても大丈夫かどうかわからないような状況ではタクシー乗務員になっても何もできないのではないかと思うでしょう。このような人を採用してどのようにサポートしているかは会社によって異なります。典型例として挙げられるのは、教習所のペーパードライバー研修コースに通わせてくれる仕組みになっているものです。

入社したら教習所に通いながら、社内でも地理研修や営業研修、接客研修などを受けて乗務員としてのノウハウを習得するのに励むことになります。この研修が数週間から数ヶ月間続いた後、安心して運転できるようになり、地理などの知識も十分に付いたら現場に出るというのが通例です。

社内で運転の練習ができるような施設を持っていることはあまりないので、実技のトレーニングは教習所を使うことになるとわきまえておきましょう。ただ、業務上必要な訓練なので費用は交通費も含めて負担してもらえるのが一般的です。

第二種免許も取得することが可能

タクシードライバーとして乗客を乗せて運転するためには第二種免許が必要です。第二種免許を持っていることは募集条件に入っていないのが普通で、基本的には入社してから取得する機会を提供してもらえます。

ペーパードライバーからスタートする場合にも第二種免許の取得のために教習所に通うことから始めることになるのです。この場合にも費用は会社持ちですが、必死に受けて速やかに免許を取得することが求められます。

ただ、生活の安心を与えるために免許の取得を目指している初期の期間は給与保証をしているケースも少なくありません。一定以上の月収を保証してくれるので安心して教習や研修に打ち込むことができるでしょう。給与保証の金額や期間については会社によってかなり違いがあるため、応募する求人を選ぶ際には比較検討しておくのが賢明です。

 

タクシー運転手の求人では普通免許を取得していることを条件に挙げているものの、運転経験についてはあまり言及されていないのが一般的です。ペーパードライバー歓迎と記載されているケースすらあるので応募すれば採用してもらえる可能性は十分にあります。入社後も会社の費用でペーパードライバー研修の受講や第二種免許の取得のために教習所に通える仕組みになっている場合がほとんどです。また、その初期の間は給与保証をしてくれる会社も多いので求人を選ぶときには注意しておきましょう。

おすすめのタクシー求人(転職)サイト一覧

イメージ12345
会社名転職道.COMタクシーハローワーク求どらタクサポタクQ
ポイント業界最大手!タクシー運転手専門の求人情報検索サイト未経験者に!信頼と実績の日本初タクシー専門職業紹介使いやすさ重視!ネットが苦手でもかんたんに使える東京23区に強い!高収入求人を集中的に紹介!年間紹介実績500件以上の信頼性
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
タクシー求人サイトランキング!
第1位 転職道.COM
第3位 求どら
第4位 タクサポ
第5位 タクQ
タクシー求人関連コラム