タクシーの求人(転職)情報ならココがおすすめ!タクシー専門求人サイトを徹底比較しランキングでご紹介!

タクシー会社には寮が完備されている?

地方から都心のタクシー会社に応募する際に気になるのは、住居面です。やはり住むところが決まっていなければどうにもなりません。社員寮があるかないかは求人票を見て自分の目でしっかりと確かめてから応募するというのが正しいといえます。実はあるかないかはピンキリであり、ある所もあればない所もありますので、しっかりと見なければなりません。

 

 

 

 

大手であれば完備されている所がある

まず、大手の会社であれば完備されている所が多いです。これは、全国規模で求人募集をかけていて首都圏在住であれば自宅から通勤する事ができますが、そうでなければ自宅からの通勤は無理です。そのような人たちでも安心して応募できるように完備しているわけです。完備している会社であれば、全国津々浦々から応募する事が出来ますので、求職者からしても住むところは確保できているという安心感があります。対する企業側も福利厚生の一つとして整えていますので、あるかないかで応募してくる人数が大きく異なってきます。整えていれば、全国から多くの人が応募してきますので必然的に社員数を増やす事が出来ます。それに対して完備していなければ応募してくる求職者の人数は限られてきますので、社員数を増やす事は出来ません。完備しているという点は、求職者も企業側もお互いにいい所があるといえます。

自前でなくてもアパートを借り上げている所も

自前で完備していないところは、民間アパートの一室を借り上げてそれを社員に提供している会社もあります。これは、派遣労働会社であるパターンですが、タクシー会社でもやっている所はあります。民間アパートを借り上げていますので、見た目は何の変哲もないアパートです。それを会社名義で借り上げていますが、生活家電をそろえた状態で提供しています。ここで注意したいのは、会社側は無料で貸し出しておらず、月々の給料から設備利用費という名目で差し引いています。それでも、地方都市からの社員にとりましては自力で都心でアパートを探す必要がありませんので大変楽であるといえます。しかも自力で探して契約した場合、家賃は全額負担ですが、会社経由で借りた場合は一部を会社が負担してくれますので家賃面の負担は少なくなります。

住宅手当として給料に上乗せしている所も

上記に全く当てはまらず、自力で住むところを探した場合は家賃のウエイトが大きくなります。その場合、会社は住宅手当として幾らか支給している所があります。月給だけではやりくりするのは大変ですので、住宅手当がある事で社員の金銭的負担を幾らかはやわらげる事ができます。この住宅手当は支給している会社もあればそうでないところもあります。それすらない会社であれば、そこに就職するのはあきらめるしかありません。自力で探すとなれば結構な負担になります。

 

大手タクシー会社であれば、社員寮が完備されている所が多いです。あることで地方都市からでも都心の会社に応募する事が出来ますし、何より自力で住むところを探すところを見つける必要がありませんので、大変楽です。会社側も地方都市からの人を受け入れやすいというメリットがあります。自前で用意できていない会社は、民間アパートを借り上げてそれを提供している事もありますので、このパターンでも地方都市からの人も受け入れる体制が整っています。ただ、この両者は共通して施設利用料として月給から幾らかは差し引かれますが、そこまでの大金が差し引かれる事はありません。両方とも当てはまらない会社は、住宅手当を支給して社員が月々支払っている家賃の負担を幾らか減らすことにつなげています。職場があっても住むところが無ければ本末転倒ですので、会社側は社員の住居面に対して気を使っている所があります。地方都市から都心への会社へ就職したい場合は、求人票を見る際にこの点を注意して見なければなりません。