タクシーの求人(転職)情報ならココがおすすめ!タクシー専門求人サイトを徹底比較しランキングでご紹介!

タクシー運転手になるために年齢制限はある?

タクシー運転手になるために年齢制限はある?

 

求人情報サイトや求人情報誌をチェックしていくと、どこの記事でもタクシードライバー募集を見かけます。
一年中多くの雑誌やサイトでこの求人は取り上げられていますので、就職しやすい環境が整っています。
そもそもドライバーになる際の年齢制限はどうなっているのでしょう。
全く制限なく働きたいだけ働いているのでしょうか。

 

 

個人と会社では違いが年に差がある

どこかの会社にドライバーとして勤務している場合は、その会社の就業規則等に定年が何歳までと書かれています。
これは会社によって異なりますが、一般的には60歳とか65歳になっているでしょう。
しかし、この年齢に達した段階で退職という人もいれば、まだ働きたい人はその後は契約社員として働く人もいます。
ですから、定年退職を迎えた後も働いている人は少なくありません。
一方で個人の場合は75歳となっていて、こちらもかなり高い年の設定になっています。
ただし、最近は高齢者のトラブル等が非常に多くなっていますから、勤務体制を調整するなどして高齢ドライバーのトラブル防止を行っている会社も少なくありません。
一般企業ではすでに定年退職を迎えて、隠居生活を送っていたとしてもドライバーはさらに上の年でも一生懸命働いている人は多いです。
特に体力に自信がある人が長く続けられる傾向にあります。

 

再就職がしやすい環境が整っている

一般企業への高齢になってからの転職となると、初めての業界ではなかなかうまく仕事を進めていくことはできません。
転職にあたっては今までの経験を活かした形で転職先でも仕事を頑張っていけます。
しかし、全くの異業種への転職の場合は、なかなかそうはうまくいきません。
ただ、ドライバーの場合は今まで未経験だった人で40代、50代という転職することが難しくなる年代でも入りやすく、そしてすぐに仕事にも慣れることができます
完全歩合制になっているので、働いた分だけお給料をもらえることも中高年の転職には良い傾向です。
完全歩合制なので何歳から働きはじめたとしても、頑張った分だけの報酬なので、年に関係なく条件は一緒です。
こうした理由から、40代、50代、さらには60代でも頑張って稼いでいけるわけです。
・また、年をとればとるほど、人生の経験は長くなっていきます。
ドライバーとして街中を走ってお客さんを乗車させるテクニックも、人生経験が豊富な方が良いこともあります。
例えば、今までサラリーマンとして道を歩んできた人であれば、朝のこの時間はどこに行けば多くのサラリーマンがいて、乗車してもらいやすい等わかります。
こうした人生経験を活かすことができる仕事でもあるわけです。
もちろん、体力勝負の仕事ですから、体力の面だけでは若者に劣る部分はあるでしょう。
しかし、人生経験やドライビングテクニック等でカバーができます。

 

体調管理はしっかりと行うことが大切

定年はありますが、その後の契約の仕方等によって、ドライバーはかなり高齢になっても働いているのが現状です。
ただ、お客さんを乗車させて目的地まで運ぶわけですから、安全面だけはきちんと会社としてケアしていくことが求められます。
ですから、特に年齢が高い人は自己管理はもちろんですが、それだけでなく会社として健康管理を徹底しているところが多くなってきました。
この流れはとても良い傾向で、健康管理がしっかりできていれば、乗車する方も安心して利用できます。

〇まとめ
タクシードライバーには年の制限がないのではないかと感じている人は少なくありません。
いろいろと乗車してみると、かなり高齢の方がドライバーとして運転しています。
基本は会社によって違いはあるものの定年は存在しています。
ただし、定年退職後も契約社員等の形で働くドライバーが多いため、定年がないように感じるのでしょう。