タクシーの求人(転職)情報ならココがおすすめ!タクシー専門求人サイトを徹底比較しランキングでご紹介!

タクシー運転手になるにはどのようなスキルが必要?

 

タクシー会社の求人票を見て応募しようと考えた時、一体どのようなスキルが必要なのでしょうか。
ただ乗客を目的地まで送り届けるだけの仕事と思いきや、実際は色々な所で神経を使う仕事です。
そのためストレスがたまりやすい仕事です。

 

 

安全確実に送り届けるのが当然

お客様から運賃をいただいているわけですので、乗車地点から目的地まで安全に送り届けるのが最低限の事です。ここで早く送り届けるために飛ばしていいのかと考えてしまいますが、それは大きな間違いです。
安全かつ正確に送り届けてこそプロドライバーといえます。

この常に安全運転という緊張感を常に持ってハンドルを握らなければなりません。
やたらとスピードを出す乗務員より乗り心地の良い乗務員の方を誰だって指名したくなりますので、仮に自分がお客様だったらどのような運転をすれば乗り心地が良いのかという事も常に考えなければなりません。

要は、お客様視点に立つことが出来るかというスキルが求められます。
これは、何処の業界でも同じことが言えます。

 

意外と頭を使わないと務まりません

意外ですが、この仕事は頭を使わないと務まらない仕事です。
これは、この業界の給料形態が影響しているわけであり、基本給がかなり安く歩合の比率が大きいですので、如何にして売り上げを伸ばして歩合を増やすかというのを考えなければなりません。

例えば、駅での客待ちです。閑散としている駅より人通りの良い通りで流しているほうがお客様を捕まえやすいですし、終電を逃したお客様を捕まえるために駅前で客待ちというのがべたな方法です。
さらに、電車が運転見合わせの時は結構な稼ぎ時ですので駅前で待機して稼ぐという方法もあります。
また、大型ショッピングセンターの近くで流すなど、何処の通りに人が多く利用者が多いのかという事を予測しなければなりません。

このため、ただ運転していればいいと考えている人は月給は薄給で、頭を使っている人は歩合の影響で高収入という差がついてしまうわけです。
だらだらと運転している人が稼げないのは当然であるといえます。稼ぐためには努力も必要です。

 

リピーターを増やしていって売り上げアップ

タクシーに限らずお得意様が多ければ多いほど売り上げが上がります。この業界も例外ではありません。
稼いでいるドライバーは、実は結構な数のお得意様を抱えていて、この人たちが利用すればするほど売り上げが上がり歩合も上がっていきます。

何故、お得意様が多いのかといいますと、きめ細やかなサービスで次回も利用したいと思わせるためです。
例えば、スピードを出さずに安全運転で抜け道を使って安全で正確に目的地に送り届ける点と、乗車中も会話もそうですが、車内温度に気を使ったり荷物の出し入れを行ったりと、ここまでするかという気配りをやっている為です。

ここまでの事をされれば、次回はこのドライバーを利用したいと考えてしまいます。
ドライバーはお客様が降車するときに名刺を渡してくれる時もありますので、次回利用するときはこの電話番号に連絡すればそのドライバーがやってくるという事です。

このように、稼げるドライバーはここまで徹底して稼げる環境を作っています。

 

ただ運転していればいいという考えでは、絶対に稼ぐことが出来ない業界です。
必要な最大のスキルはお客様視点の乗務を行う事です。

まず、スピードを出さないことと荒い運転をしないことです。
これをされるとお客様は不快になり次回は利用してくれなくなります。やはり安全かつ正確な乗務員のほうがお客様は利用したくなります。

そして頭を使い、人通りの多い場所と時間を頭の中にインプットして、その時間を狙って行動するという事も稼げるポイントです。

最後に、きめ細やかなサービス、徹底したサービスでお客様にリピーターになってもらう。

この三点があれば稼げるドライバーになります。