タクシーの求人(転職)情報ならココがおすすめ!タクシー専門求人サイトを徹底比較しランキングでご紹介!

タクシー運転手はアルバイトとして働ける?

タクシーの運転手の需要は高まっているといわれています。

昔と違って稼ぎにくいといわれていますが、働き手はどんどん減り続け、求人は増えている状態です。

その分どこの求人でもいいと適当に選ぶのではいい働き方はできません。

いい会社を選ぶことで働き方を自分で調整でき日々の生活の楽しさや充実さも変わるのではないでしょうか。

もちろん正社員としてだけではなく、アルバイトの求人も増えています。

アルバイトとしてなら自分の都合のいい時間に働くことができますし、運転と接客が好きなら楽しみながら働くことができるでしょう。

タクシードライバーは正社員だけではない

タクシードライバーといえば、正社員で働くというのが一般的なイメージだと思います。

これはもちろんただのイメージではなく、今までは正社員で雇っているのが一般的であったのは事実です。

しかし、業界はどんどん人手不足が深刻化しており、会社は正社員に限らずアルバイトも雇って人手を集めようとしています。

また、ドライバーは高齢の方も多いですから、正社員として長時間働かせるのではなくアルバイトとして働きやすい時間に手を借りるなどといった形態も増えているのです。

特にタクシーの場合は昼間だけでなく早朝や深夜にも需要がありますから、人手は絶対に必要です。

そこで決まった時間に車を運転してもらえる存在が重要となってきます。

もしもタクシードライバーに興味がある人は、大手の求人サイトをいくつか見て回ってみると多くの会社が募集をしていることがわかると思います。

正社員とアルバイトの大きな違いとは

では、正社員とアルバイトの違いは何でしょうか。

まず雇用形態が異なりますから、社会保険や福利厚生など、待遇に違いがあるのはもちろんです。これはどの業種でも同じですね。

次に勤務時間にも違いがあります。正社員の場合、時間は一定ではありませんから、通常の日勤の他にも、早番や遅番というように、シフトにより働く時間は不定期になります。

一方アルバイトの場合は、朝だけ、昼だけ、夜だけ、というように自分の働きやすい時間を選び働くことができます。

時間の変動がありませんので、規則正しい勤務時間といえるでしょう。曜日を指定して、空いている時間を効果的に使うことができるかもしれません。

他にも特徴としては、歩合制というキーワードがあります。

正社員では、多くの場合、固定給にプラスして歩合給が支給されます。これは自分の売上に対して、会社が一定の金額をプラスして支給してくれるという仕組みです。

会社によっても異なるので、調べてみるといいでしょう。

一方、アルバイトでも歩合給がある場合もありますが、基本的には時給制の仕事になります。

歩合給がある場合は歩合給のみだったりと異なる場合もあるので、働きたい会社がどんな制度で募集しているのかをよく調べましょう。

タクシー運転手にとってアルバイトは重要

正社員の運転手にとって、近距離や逆に遠距離の場合、自分の売上に大きく響きますから敬遠されがちな面があります。

そこを埋めるのに絶好なのが、アルバイトの存在です。

会社にとっては拾えるお客さんを他の会社に取られてしまうのは売上の増減に関わりますから、大きな問題です。お客さんのニーズに応えていくことが、ひいては会社の繁栄につながるのです。

先述した通り、タクシー業界では正社員だけではなくアルバイト・パートとして働く道もあります。

二種免許を持っていれば人手不足の会社にとっては大きな働き手として期待されるでしょう。

他の業界に比べても免許を持っている分時給の面は良いです。持っている免許を宝の持ち腐れにしていてはもったいないのではないでしょうか。

ぜひ免許を自分の武器にして、自分らしい働き方を見つけていきましょう。