タクシーの求人(転職)情報ならココがおすすめ!タクシー専門求人サイトを徹底比較しランキングでご紹介!

タクシー運転手の給料形態はどのようなもの?

 

 

求人雑誌を見ていて頻繁に見る機会が多いタクシードライバーの求人広告。
月収40万円以上可能とかかれていますが、本当に稼げるのかと疑問に思ってしまう人も多いでしょう。
最も給料形態がどのようなものかというのも気になります。
実は、この業界の給料は結構奥が深いです。

 

 

営業マンと同じインセンティブが占めています

まず基本給があります。これは何処の業界も基本的にあるものですが、この基本給がはっきり言って安いです。
つまり基本給だけで生活していこうというのは到底無理です。この基本給に歩合が加わり月々の給料が出ます

この歩合というのが結構な曲者であり、水揚げと言われている1日の売り上げで一定数金額を超えないと足切りにされて歩合がカウントされないことがあります。
この水揚げ金額と足切り金額は会社によって差がありますので、条件が緩い会社に行けば歩合が増えます。
つまり1日の水揚げ金額が多ければ多いほど歩合金額が増えますので、月収40万円も軽く超える事ができます。

ただし、これは一部のドライバーだけであり稼げない人は本当に稼ぐことが出来ません。
稼げる人は常に頭を使っていますので、ただ単に運転しているだけでは稼ぐことはできません。

 

初めは救済制度が存在している会社もあります

ただ、入社したての人が最初から歩合制度が適用という事はありません。右も左もわからない人が最初からこのような制度にしてしまいますと基本給だけで給料が激安になってしまい生活が成り立たなくなってしまいます。

その救済措置として最初の3か月くらいは30万円くらい自動的に月給として支給してくれる会社があります。
この30万円はあくまで目安であり会社によってことなります。この3か月間は、どんなに水揚げ金額が悪くても30万円は支給されます。さらに稼げていた場合は、その歩合もキチンと支給してくれます。

この3か月間が終了すれば本来の給料形態になりますので、この期間から本格的なドライバーとしての乗務がスタートします。

 

研修期間中も給料が支給されます

二種免許を持っていない人が入社した場合、二種免許の取得とその後の研修がありますので、まともにドライバーとして仕事をしていません。その期間も給料が支給されます。

二種免許の取得費用も会社が立て替えてくれますので、会社側からしてみれば二種免許取得期間と研修期間も一応は仕事をしているとみなしている為、ドライバーとして乗務していなくても給料が支給されます。
ただし、そこまで月給は高くないので注意が必要です。

この取得費用は返済しなければなりません。本格的にドライバーとして乗務開始してからコツコツと返済しなければならないので、簡単に退職できる環境ではありません。

 

給料形態は、一般的な営業マンと同様に基本給にインセンティブが加わった形で支給されるのは何処の会社も同じであり、稼げる人はガツガツ稼げて稼げない人は給料が薄給になるという業界です。
稼ぐためには常に頭を使わなければならないので、ただ単に運転していればいいという考えでこの業界に入ったら結構痛い目に遭います。稼げる人は、常に頭を使っていますので稼げているわけです。

また、業界未経験の人であれば最初の数か月間は救済措置として生活できる範囲の給料が支給されますので、どんなに稼げなかったとしてもその救済措置で一応給料は入ります。
ただ、その期間が終われば基本体系になりますので、この期間までに稼げるコツを自分で見つけなければならず、ぬるま湯につかった考えでは救済措置期間が終われば月給が薄給になってしまいます。

そして、二種免許が無い人が入社して二種免許所得期間とその後の研修期間中もきちんと給料が支給されます。
ドライバーとして乗務していなくても、二種免許を取得しに行っている事と研修を受けている時間が業務をしていると会社側がみなしている為です。