タクシーの求人(転職)情報ならココがおすすめ!タクシー専門求人サイトを徹底比較しランキングでご紹介!

タクシー運転手になるために面接対策をしよう

タクシー運転手になるためには会社に就職する必要があります。

会社に就職するために求人先を探しますが、求人先に応募したのであれば、面接試験を受けることになります。

最大のハードルになるのが面接試験になりますので、そこでの攻略ポイントについて詳しく解説いたします。

これを参考にしてぜひとも就職を勝ち取ってもらいたいです。

 

面接に挑むための服装は見栄えの面で重要

タクシー運転手は客商売なところがありますので、どのように見えるのかということはとても重要です。

制服を正しく着こなすことができれば印象がアップすると言われますが、それ以前のことができなければあまり意味がありません。

そのため、面接に挑むのであればまず身だしなみの点でマイナス評価を受けないようにしたいです。

身だしなみの点でマイナスであれば、その後にどれだけ頑張ったとしても不合格だと考えられるので、まずは身だしなみの点で足止めを食らわないようにするべきです。

スーツをきちんと着こなしているのか髪の毛はきちんと整っているのかひげが生えていないか靴はきちんと磨かれているのかなどをチェックするといいでしょう。なお、スーツを着るならば紺やグレーなどの暗い色にするべきです。

家の中でこれらのチェックをしてマイナス部分が無いことを確かめてください。

マイナス部分が無いなということを確認したら、家を出たあとは会場に向かうだけです。会場直前でもう一度確認したいなら手鏡を用意しておくことをおすすめします。

面接についての基本的なマナーを理解しておく

面接試験を受ける時にはどうしても緊張しますが、タクシー会社の面接はそれほどハードなものではありません。

緊張をしますが、それなりに準備をすればそれほど厳しいものにはなりませんので、しっかりと準備をしましょう。

特に基本的なマナーに該当する部分は、緊張をしていてもきちんとできるように確認するべきです。事前に反復練習をしてしっかり体になじんでおくのもいいことです。

入室する時には3回ノックして相手から「いいですよ」と言われてから、「失礼します」と言って入室します。

入室した時には名前を名乗ってから挨拶をします。相手から「どうぞおかけください」と言われてから着席します。

着席したら質疑応答が始まりますので、聞かれたことについては自信をもって答えられるようにしましょう。

答えた内容だけでなく、その表情もよく見られますので注意してください。

基本的なマナーができるのか、きちんと挨拶ができるのか、失礼なことは無いのか、言葉遣いはきちんとしているのかなどがチェックされます。

よく聞かれるような質問内容は答えられるようにする

タクシー運転手の面接であっても、基本的なことは一般企業でも行われることです。

基本的なマナーについては一般企業であっても重要なことですので必ず守らないといけません。

質問内容についても基本的には同じですが、タクシー会社ならではのこともありますので、ここではそれを紹介します。

まずは違反歴があるのかどうかは必ず聞かれます。

お客様を乗せて目的地まで送り届けなければいけませんので、安全運転ができるのかどうかは何よりも注目しなければいけませんし、違反歴があって累積点数が蓄積しているのであれば免停になる可能性がありますのでそのリスクを考える必要があります。

健康面についても必ず聞かれると思っておいていいです。

入社前もしくは後に健康診断を行いますが、面接時においても何らかの形で健康面についての質問はあります。既往歴があったとしても完治しているならば何も問題はありません。