タクシーの求人(転職)情報ならココがおすすめ!タクシー専門求人サイトを徹底比較しランキングでご紹介!

タクシー運転手の勤務体制はどのような感じ?

タクシー運転手の勤務体制はどのような感じ?

 

いろいろな仕事が世の中にはありますが、その中でもタクシードライバーの求人情報はとても多いです。
会社によってお給料も違いますし福利厚生も違います。
24時間街中を走り続けていますが、いつ休んでいるのでしょう。

 

基本的に3つの働き方が存在している

乗車したことがあまりない人でも、街中を歩いているとタクシーを見かけることはよくある話です。
朝から晩までどこかで走り続けているわけですが、一人のドライバーが24時間ずっと働き続けているわけではありません
基本的にはどんな勤務体制になっているのかというと、昼日勤という働き方、夜日勤という働き方、そして隔日勤務という働き方があります。
このように3つの働き方があるため、24時間ずっとどこかで見かけるわけです。
会社によって、スケジュールの組み立て方等も異なってきますので、ドライバー勤務したい人は勤務体制をしっかりと確認した上で就職した方が良いでしょう。
それでは、この3つの働き方は具体的な時間等はどうなっているでしょう。

 

昼日勤はとても働きやすい時間帯

★昼日勤
その名前の通りでして、昼間の時間帯の勤務になります。
街中で働いているビジネスマンと同じような時間帯に働いていますので、朝出勤して夕方には帰宅するという流れです。
一般的には勤務時間は8時間になっていて、間に1時間の休憩が入ります。
一般的なビジネスマンはその多くが朝の9時から出勤して、夕方5時から6時ぐらいで退社するのに対して、ドライバーの場合は朝は7時とか遅くても8時ぐらいから仕事を始めることが多いです。
ビジネスマンより少し早めの出勤になりますが、その分終了時間も早めになっています。
この時間帯に勤務できれば、夜は飲みに行ったり、家族サービスに時間を使うことができるでしょう。
さまざまなタイプの人がドライバーとして活躍していますが、昼日勤の仕事は高齢者や女性に人気です。
普段の生活リズムを崩すことなく働ける時間帯と言えるでしょう。

★夜日勤
この昼日勤の反対を行くのが夜日勤になります。
こちらも昼日勤の言葉同様に夜日勤はまさしく夜のみ働きますので、生活リズムも真逆になります。
こちらの働き方の方が体力的にはきつくなりますが、その分お給料は昼日勤に比べるとプラスになることが多いです。
その理由は夜間に走行することになるため、深夜割増料金が発生している時間帯にお客さんを乗せることができるからです。
昼間の勤務では働くビジネスマンが仕事での移動や買い物帰りのお客さんを乗せることが多いですが、夜日勤の場合は、お酒に酔ったお客さん、終電を逃してしまったお客さんを乗車させることが多くなり、客層もがらっと変わります。
さらに運転距離も昼間とは差が出ます。
昼間はちょっと移動したい人が乗車するケースが多いですが、夜の場合は長距離移動が多いです。
ですから、いずれにしても夜日勤で仕事をした方が稼げるということになります。

 

隔日勤務は変則的な勤務体制です

★隔日勤務
多くのドライバーが働いている勤務体制です。
具体的には昼日勤の仕事時間と夜日勤の仕事を時間をドッキングさせて一気に働いてしまうというスタイルです。
長時間勤務になってくるので体力的な部分が関係してきますが、この形で働くことにより、気持ち的にかなり休みがしっかり取れるようになります。
基本的に一気に2日間働くことになりますが、2日目の明番の日は仕事が早い時間に終了してしまえば、その後の時間は長くフリーになります。
そして次の日が休みになることが多いので、プライベートの時間を有効活用できるでしょう。
ただし、隔日勤務は会社の方針によって勤務時間や体制が異なりますから就職する場合は事前チェックが大切です。

〇まとめ
タクシードライバーとして働く場合は、基本的に3つの働き方があります。
昼日勤というスタイル、夜日勤というスタイル、そして隔日勤務になります。
最も人気があるのはビジネスマンの働き方に近い昼日勤となり、主流となっているのが隔日勤務となります。