タクシーの求人(転職)情報ならココがおすすめ!タクシー専門求人サイトを徹底比較しランキングでご紹介!

タクシーの運転手になるには特別な運転免許が必要?

タクシーの運転手になるには特別な運転免許が必要?

 

少子高齢化の影響もあって、運転免許を返納する高齢者が増えています。
また、日本においては外国人観光客の増加が続いています。
公共交通機関の充実はもちろんですが、タクシーの果たすべき役割が高まっていると言われています。
飲酒運転が厳罰化されたこともありますし、これからは安定した需要がある仕事だと言えます。
目的地まで安全にお客様を運ぶことで、信頼感を得られる素晴らしい仕事です。

 

安心と安全を届けられる仕事とは

規制緩和の影響で増え続けていたタクシーの台数ですが、十年ほど前から減少に転じています。
増やし続けたことによる弊害とも言えますが、ドライバーの高齢化も要因ではないでしょうか。
ドライバーの平均年齢は60歳を超えていると言われていて、若い世代の進出が待たれているのは事実です。
向いている性格に関しては、どんな時も冷静な判断が出来る方ではないでしょうか。
道路の状況は常に変化していますし、予期せぬトラブルが待ち受けていることがあります。
お客様ファーストを心がけて、冷静で迅速な判断をすることが大切です。

 

充実した福利厚生と免許取得のサポート体制

ハローワークやインターネット募集サイトを覗くと分かりますが、ドライバーの求人がたくさん出ています。
年齢や性別は関係ありませんし、学歴や職歴が問われることはありません
運転をすることが好きで、尚且つおもてなしの心があれば、誰でもチャレンジすることが出来るのではないでしょうか。
・大手になれば福利厚生が完璧に整備されていますし、女子寮や保育園が併設されているところがあります。
安心して仕事に打ち込むことが出来ますし、長く続けることが出来るはずです。
・最も重要なのが二種免許ですが、サポート体制が敷かれているので、入社が決まってから取得することが出来ます。
補助金制度も設けられているので、金銭的な負担も最小限に抑えることが出来るのではないでしょうか。
事業所によっては平均年齢が30歳というケースもありますし、若者が働き易い環境が整っていると言えます。
基本給に歩合給がプラスされるので、働く上でのモチベーションになるのではないでしょうか。
効率の良い走りや常連さんからの指名が増えると、月収が50万円を超えるケースも珍しくはありません。
アルバイトやパートからスタートすることも出来ますし、大きな夢を掴める仕事ではないでしょうか。
マニュアルも完備されていますし、未経験でも不安を感じることがありません。

 

サービス業の頂点としての自覚とは

・ドライバーを目指す上で必要不可欠なのが、地図と道路の混雑状況の把握だと言われています。
飛行機や新幹線の時間を逆算して乗車をするお客様が大半ですし、スムーズで失敗をない乗務をすることが求められています。
事業所によっては定期的な研修が開催されていますし、きちんと出席することで基本を学ぶことが出来るはずです。
・無論、簡単な英語や中国語をマスターしておくことも大切です。
・観光案内や飲食店の場所を訊ねられることもありますし、常に新しい情報を頭にインプットしておくべきです。
車内にはカーナビゲーションがありますが、それに頼らない運航が出来れば理想的です。
二年後には東京オリンピックが開催されますし、日本を訪れる外国人観光客は更に増えると言われています。
良い印象を持ってもらうとリピーターになってくれますし、売り上げアップに繋がるはずです。
業界全体が高い意識を持って取り組むべき課題と言えますし、大きく成長を遂げるきっかけになるのではないでしょうか。

〇まとめ
時代の流れを考えても、タクシードライバーの求人はまだまだ増えると予想されています。
運転が好きな方にとっては天職ですし、毎日楽しく仕事が出来るのではないでしょうか。
定年後の再雇用制度もありますし、生涯社会と関わって行ける素晴らしい仕事です。