タクシーの求人(転職)情報ならココがおすすめ!タクシー専門求人サイトを徹底比較しランキングでご紹介!

タクシー求人の職務経歴書の書き方とは?

近年はタクシー業界に勤める人が増えてきています。実力主義で頑張ったらその分給与がもらえることなどがその理由として挙げられます。

こうした状況からタクシーの求人も多く見られるようになっています。ここではそんなタクシー求人に応募するための職務経歴書の書き方について紹介します。

経歴が少ない場合は志望動機を重点的に記載

まず社会人としての経験が少ない場合、職務経歴としてはあまり書くことができません。しかしそれでは採用担当者に対して十分PRすることができません。そこで、職務経歴よりも志望動機を重点的に記載することが得策となります。

ただ志望動機をつらつらと記述しただけではあまり意味がありません。重要なポイントはなぜタクシー業界に入ろうと思ったのか、そしてなぜこの会社を選んだのかと言う点です。特に後者の点はとても重要です。良く見られるのが業界に興味があったので志望したといったケースですが、これでは業界に入った理由は分かるにしても、なぜその会社を選んだのかが見えません。

なぜこの会社を選んだのかを明確にPRするようにしたいものです。また学生時代も含めて、何かしらの経験を貴社で活かしたい、といった構成をするとさらに良い職務経歴書となります。

経験が豊富にある場合には経歴をしっかり示そう

社会人としての経験がある程度ある場合には、社会人としての職務の経歴をしっかりと示しましょう。どの企業のどの部署で、どのような仕事をしてきたのかを時系列にして記述していきます。

このとき注意が必要なのはタクシーの業務と関係のある職歴については詳しく記述し、あまり関係のない職歴については簡略化して記載していくと言う点です。タクシーの業務と関係のない職歴について長々と記述しても、採用担当者側にとってはあまり興味がないことですので、そうした職歴については簡単に記述していきます。

逆にタクシーの業務と関係のある職歴についてはしっかりと記述してPRします。またこれまでの成果を数値として示すことができればさらに良い職務経歴書ができ上がります。売り上げ5%アップに貢献したとか、顧客数が前年比1割増しとなった、などといった成果を具体的な数値で示すと採用担当者に非常に良い印象を与えます。

事前準備と事後チェックも大切

職務経歴書をいきなり記述しようとしても初めはなかなかうまくいかないものです。多くの人はいきなり書き始めますが、これはあまり良くありません。何を書いたら良いのか、どのような構成をしたらよいのかについて、書き始める前にまずは下書きでイメージすることが大切です。

ある程度のイメージができ上がったら、職務経歴書の作成にとりかかるようにしましょう。そして職務経歴書の作成が終わったら、内容を十分にチェックするようにしましょう。これも多くの人があまりやらないことですが、このチェックはとても大切です。誤字・脱字は厳禁で、それだけでイメージダウンとなります。

言い回しに問題がないか、分かりやすい内容になっているかなどといった観点でチェックすることが有効となります。職務経歴書を慎重に作成したとしても、たいていの場合、どこかに誤りがあります。チェックは1度だけではなく、何度も見直すことが重要です。間違いのない、完璧な職務経歴書こそが採用される一番の近道と言えます。

 

近年は魅力的な給与体系などからタクシー業界に勤める人が増えてきており、その求人も多くなってきています。タクシーの求人に応募するための職務経歴書の書き方については、社会人としての経歴が少ない人は志望動機を重点的に記述していくことが有効です。

なぜこの業界のこの会社に入りたいのかといった点を軸に記述していきます。社会人としての経歴がある程度備わっている場合には職歴をしっかりと記述していきます。このときタクシーの業務と関係のない職歴は簡潔に、関係のある職歴については詳細に記述することがポイントです。あわせて成果を具体的な数値で示せればさらに良い職務経歴書ができ上がります。

サイト内検索
タクシー求人サイトランキング!
第1位 転職道.COM
第3位 求どら
第4位 タクサポ
第5位 タクQ
タクシー求人関連コラム